このサイトでは出産祝いについて解説していきます。

自分が贈りたいじゃなく、相手が欲しいと思う贈り物を

確かに出産祝いのギフト、プレゼント選びは難しく、なかなか頭を悩ませるところですが、とは言えあまり深刻に考えすぎてしまうと選ぶ側も悩んでしまうので、「赤ちゃんと生活するうえでは何が必要かな?」と、ママと赤ちゃんとの生活を思い浮かべて考えてみましょう。
硬く難しく考えるのではなく、寧ろ楽しみながら選んであげれば、きっと贈った相手にも喜ばれる出産祝いのギフト、プレゼントを選ぶことが出来るのではないでしょうか。
出産祝いを贈る際には、相手のママ、赤ちゃんの立場になって考えましょう。
というのももし小さいものを出産祝いとして贈ってしまうと、誤って赤ちゃんが口に入れてしまう危険性が有ります。
直径39ミリより小さいものは、赤ちゃんの口へ入ってしまいます。
赤ちゃんは口で物を確認するという性質が有ります。
従って食べ物ではなくても口へ入れる危険があります。
それ故、赤ちゃんが口に入れる危険性のある小さいものを贈るのは避けるべきです。

他の人と重ならないようなものを選ぶ

自分が贈った出産祝いが、他の人の贈った出産祝いと重なってもいいや、などと考える人はいないでしょう。
当然ながら、他の人と重ならないようなギフト、及びプレゼントを選びたいものです。
ですが何れ使い切ってしまう消耗品ならともかく、特に大型育児用品等が重なってしまうと、使い道が限られるばかりか、場所をもとってしまい、その結果本当に無駄になる可能性があるので十分注意しましょう。
その反面、お金や消耗品、洋服等はいくつあっても嬉しいものです。
もっとも消耗品ならメーカー、ブランド、洋服・子供服なら、サイズに注意して購入するようにしましょう。
また衣服、子供服に似たところで、新生児用の肌着などもありますが、それは出産後すぐに使用するものということなので、ママが既に用意している可能性が高く、従って出産祝いとして贈るには必要ないと思われます。
出産祝いを贈ることは確かに簡単なことでは有りませんが、それでも贈る側にとっても楽しいものです。

pickup

タウンページ

http://itp.ne.jp/?rf=1