このサイトでは出産祝いについて解説していきます。

せっかくの贈り物も、タイミングが合ってなきゃ台無し

出産祝いを贈って、出産を祝ってあげたい、という気持ちがあっても、出産祝いの贈り方、というかやり方を間違えてしまったら、折角の気持ちも台無しになって、逆に出産祝いを贈られた相手に不快感を与えたりしかねません。
出産祝いとして贈り物、プレゼントをするにも難しいところがたくさんあるのです。
多くの人が、出産祝いを贈る方法、或いは出産祝いのマナー等について頭を痛めています。
ここでは出産祝いに関する質問例とその答えを挙げています。
ここで取り上げた質問は、いずれも出産祝いに関して基本的で、尚且つ重要な内容です。
皆さんの中で出産祝いのことがよくわからない、近いうちに出産祝いを贈る予定があるが、どうしたらいいのかわからない、と言う方がいらっしゃったら、是非参考にしてみてください。
皆さんにはこれで出産祝いのことを理解していただき、そして贈る方も贈られる方も非常に嬉しい出産祝いを贈っていただきたいものです。

出産祝いのギフト、プレゼントをあげる時期は、いつ頃が?

一般的には、出産祝いを贈る時期は、お七夜(生後7日)から1ヶ月ぐらいまでと言われています。
特に出産を終えた母親が体力を回復させておらず、生まれたばかりの赤ちゃんに殊更手がかかる出産直後に病院を訪れて出産祝いを贈る、といったことは避けましょう。
そのことが相手を思いやることになります。
また出産祝いを贈る前に、母子共に健康であることを確認してから贈るようにしましょう。
母子に万が一、ということもありますので、出産前に出産祝いを贈るのはやめましょう。
こうしていろいろな状況を踏まえてみると、大体生後2〜3週間後を目安に出産祝いを贈る、というのがベストかと思います。
先に挙げた出産後1ヶ月以内に、出産祝いを贈ることができなかった、というケースもあります。
例えば、相手が出産して半年近くも経ってから出産したことを知った場合や、仕事等が忙しく、出産祝いのギフトやプレゼントを贈る時期を逃してしまった場合等です。
こうしたケースではどうしたら良いのか、或いは今更出産祝いを贈るべきかどうか、等と迷ってしまう場合があります。
ですがたとえこのような場合であっても、出産祝いとしてギフトやプレゼントを贈っても、問題ありません。
出産祝いは要は気持ちなのですから、そこは心配することはないと思うのですが、但し出産した後1年以上も経過した場合は、出産祝いでは如何にも不自然なので、「誕生祝い」として贈ります。

check

価格.com

http://kakaku.com/